中性脂肪サプリおすすめランキング!選び方や効果・特徴などを解説

あなたの生活習慣は大丈夫ですか?

「問題ない」と声を大にして言えるでしょうか?実は急に中性脂肪が高くなるのは生活習慣の悪さが原因である可能性が高いのです。

中性脂肪が高くなってしまう原因

生活習慣のせいで中性脂肪が高くなってしまうわけをご紹介します。

誰にでもある偏った食事

中性脂肪が最も影響するといわれるのが毎日の「食事」です。
中性脂肪をため込みやすい食べ物は炭水化物などの糖質と、揚げ物やスナックなどの油っぽい食べ物、そしてアルコールです。これらは中性脂肪を体に溜めこんでしまうのです。

現代はこういう糖質や油っぽいものやアルコールを飲む人は多いです。

このような偏った食生活を続けていると、どんどん中性脂肪は増えてしまうのです。
中性脂肪が増えるのはこんな欧米人的な食事スタイルをしている人なのです。

これが原因で中性脂肪が高くなります。

現代社会のストレスも原因に

それから現代社会では避けられないのが人間関係「ストレス」です。
このストレスというのが中性脂肪の増加に関わっており、ストレスが溜まっても中性脂肪は増えます。

しかもストレスが溜まると人はみな、飲酒や過食に走ってしまいますよね。

これもまた中性脂肪が増える大きな原因となってしまうのです。ストレスのため込み過ぎも悪い生活習慣であり、中性脂肪の高さに関わってきます。

実は「喫煙」も駄目

タバコは中性脂肪とはまったく関係なさそうに思えますが、実は関係があります。

タバコを吸うと中性脂肪をため込むタイプの体質になってしまうことがあるのです。
中性脂肪が高まる原因となることがあるので、タバコを吸う生活も生活習慣的に良くないと考えてください。

運動をしない生活が中性脂肪を増やす

最後は「運動」ですね。運動をしない生活習慣を送っている人は中性脂肪を蓄え続けて、中性脂肪を高くしてしまうのです。

適度な運動をしないと中性脂肪をため込んでしまいます。運動をする生活はとても大事なのです。

このように中性脂肪が高いのはあなたの生活習慣にとっても関わっています。問題のある生活習慣がある場合はしっかり治すようにしましょう。

体型が普通でも油断禁物!中性脂肪が高いデメリットは?

身長と体重を測定すると肥満度を表すBMI値が分かります。

20ぐらいであれば標準なので安心してしまいますが、血液検査の中性脂肪の値が高くて異常になってしまう事もあるので注意が必要です。
そこで中性脂肪が高いとどのようなデメリットがあるのか見ていく事にしましょう。

体内に老廃物が溜まりやすくなる

中性脂肪が高いと血液がドロドロになっているので体内に老廃物が溜まりやすくなってしまいます。
そこで体内に老廃物が溜まるとどのような症状を引き起こしてしまうのか確認していきましょう。

セルライトが出来やすくなる

お尻、太もも、二の腕などの皮膚がボコボコしてくる事がありますが、セルライトが出来ている状態です。
セルライトは体内で脂肪と老廃物が混ざって固まる事で出来てしまいます。

体内の老廃物が蓄積されるとセルライトが出来る事も多いのでコンプレックスを抱えてしまう事も多くなります。

体臭が強くなる

体内に老廃物が蓄積されていると不要な成分をたくさん吸収してしまいます。

また体内が不衛生な状態になってしまうので体臭が強くなる事が多いです。
特に夏の暑い時期は周囲に臭いが充満する事もあるので他の人から嫌われて距離を置かれてしまうケースも少なくありません。

生活習慣病にかかりやすくなる

中性脂肪が高いと体への負担も大きくなるので生活習慣病にかかりやすくなります。そこでどのような生活習慣病にかかりやすくなるのか確認していきましょう。

高血圧

中性脂肪が高いと血液がドロドロになっているので血液の流れも悪くなってしまいます。
それで血圧が大幅に高くなり高血圧になってしまう事も多いです。

高血圧になると血管に負担がかかるので

  • 動脈硬化
  • 脳梗塞

など血管系の大きな病気にもかかりやすくなります。

糖尿病

中性脂肪が高いとインスリンの分泌量が少なくなって血糖値が上がりやすくなります。
それで高血糖の状態になって糖尿病の症状が出てしまいます。
糖尿病になると治療が大変になる事もあるので注意しなければいけません。

ウォーキングを取り入れて改善していこう(まとめ)

中性脂肪が高い時は筋トレをして筋肉の量を増やすのも効果的ですが、普段運動をする習慣がない人は体に負担がかかってしまいます。
怪我をするリスクも高まるので手軽の取り組めるウォーキングがおすすめです。

ウォーキングは歩く運動なので自分のペースに合わせて行う事が出来ます。
毎日続けると脂肪燃焼効果も高まり中性脂肪も低くなるのでウォーキングを取り入れてみましょう。

中性脂肪をサプリで減らす!選び方や有効成分について

適度な食事量と運動を心がければ、必要以上に中性脂肪が増えることもありません。
しかし、仕事等で時間に追われてしまうと、生活習慣を簡単に変えることは叶わない事もママあります。

こんな時に手助けとなってくれるのが、中性脂肪対策としてのサプリメントです。
ただ、それらのサプリは様々あり、より効果的に中性脂肪対策を行うならば、サプリの選び方も重要になります。

どんな成分が中性脂肪に効くのか

中性脂肪に効くとされている成分は、大別して以下のものが挙げられます。

  • クリルオイル
  • ビタミンE及びビタミンB
  • 納豆キナーゼ

クリルオイル

クリルオイルとは、動物プランクトン(オキアミ)から取れる油のことで、海の生態系全般の油脂の大本になっている成分です。
そして、このオイル中に含まれるDHA、EPA、アスタキサンチン等が中性脂肪対策になるとされており、食品で言うと青魚等に多く含まれています。

この内DHA、EPAは、肝臓における脂肪の生産を抑制し、脂肪酸の分解を促すことに加え、血中の中性脂肪を分解する事も見込めるのです。

アスタキサンチンに関しては、非常に強い抗酸化作用を持っている成分で、DHA、EPAの酸化を防ぎつつ、脂肪の燃焼を優先的に行ってくれます。
食品としては、鮭やカニ、イクラなどに多く含まれており(赤い色素)、海のカロチンなどとも別称されています。

ビタミンE及びビタミンB

ビタミンE及びビタミンB等も中性脂肪対策になるとされています。
この内ビタミンEは、中性脂肪を減らす効果の他に、抗酸化作用によって血管を正常な状態に保つ効果もあります。

食品としては、アーモンドや落花生などのナッツ類及び植物油に多く含まれています。
ビタミンBに関しては、脂質のみならず糖質も分解し、基礎代謝を向上させてくれる成分ですが、水溶性なので必要に応じて摂取する事が求められます。

食品としては、レバーやナッツ類、牛乳等に含まれています。

納豆キナーゼ

最後に納豆キナーゼですが、前述のビタミンBを増加させる働きがある他、血中に中性脂肪が溜まらない効果等もあります。

食品としては、言わずもがな納豆に含まれています。

どんなサプリがおすすめか

中性脂肪を減らすサプリは以下の3つに大別されます。

  • 摂取したカロリーを減らすサプリ
  • 中性脂肪だけでなくダイエットも行える総合的なサプリ
  • 血中の中性脂肪を削減及び抑制するサプリ

上位2つに関しては、ダイエット等を目的とする傾向が強いので、中性脂肪に直接働きかけるもののほうが有効と言えます。

何故ならば、そういったサプリの方が中性脂肪対策に効く成分が多い傾向があるからです。
そのため、中性脂肪を減らすサプリを選ぶ際には、有効成分がなるべく多く配合されているものを選ぶのが良いでしょう。

前段で言った通り、中性脂肪を削減したり抑制する成分には様々あります。
そのため、それらをバランスよく摂取するためにはそういったサプリは有効であり、効率的な効果を期待できるのです。

サプリと生活習慣の改善で健康な体に

サプリのみを中性脂肪の対策とするのは避けたほうが無難です。
食生活や生活習慣等中性脂肪の原因を見直さなければ、元も子もありません。

日々の生活を改善し、そしてサプリでサポートしてあげると、好結果を招いてくれるはずです。