コツを知りたい!中性脂肪を減らすにはどのような運動が効果的?

健康診断で中性脂肪値が高いということを知ると、多くの方はショックを受けますが、中性脂肪を減らす方法としては、食生活を改善することや運動をすることがあります。
では、運動をする場合、どのような運動が中性脂肪を減らすのには効果的なのでしょうか?

中性脂肪をなるべく早く減らしたい場合は有酸素運動

中性脂肪を減らすには運動が効果的ですが、運動には無酸素運動と有酸素運動の2種類あります。
無酸素運動とは、一時的に強い力を発揮するような運動のことをいい、短距離走や筋肉トレーニングなどは無酸素運動になります。
一方、有酸素運動とは、比較的長い時間、体に酸素を取り込みながらする運動で、ウォーキングやジョギング、水泳などが有酸素運動になります。

無酸素運動は主に糖質をエネルギー源として使用し、有酸素運動も糖質をエネルギー源として使用しますが、脂肪もエネルギー源として使用します。
そのため、ジョギングなどの有酸素運動をすると、脂肪を燃焼することができ、中性脂肪を減らすことができます。
それらのことから、中性脂肪をなるべく早く減らしたい場合は、無酸素運動よりも有酸素運動の方が効率的なのです。

有酸素運動に慣れてきたら無酸素運動も取り入れると良い

先程の説明から、「無酸素運動には中性脂肪を減らす効果はないの?」と思う方もいることでしょう。
ですが、そのようなことはなく、無酸素運動も中性脂肪を減らすことに役立ちます。
前述した通り、筋トレなどの無酸素運動では糖質がエネルギー源として使用されますが、筋トレによって筋肉量が増えれば基礎代謝が上がります。
基礎代謝が上がれば、以前よりも太りにくくなるため、中性脂肪は増えにくくなります。
また、代謝が上がることで脂肪は燃焼されやすくなります。
そのため、無酸素運動も中性脂肪を減らすのに役立ちますが、まずはジョギングなどの有酸素運動を行い、慣れてきたら筋トレなどの無酸素運動を取り入れていくと良いでしょう。

運動で中性脂肪を減らすには続けることが大切

運動で中性脂肪を減らすには毎日コツコツと努力し、続けていくことが大切です。
始めから無理をすると続かないので、始めはウォーキングを行い、慣れてきたらウォーキングの途中で走ってみると良いでしょう。
そして、そのことにも慣れてきたらジョギングだけに切り替えます。
ジョギングが習慣化するようになったら、腹筋などの軽い筋トレを取り入れると良いです。